空腹におススメのローカロリーフード


お腹が空いた時におすすめなのがローカロリーフードです。
ローカロリーフードにはさまざまな種類がありますが、納豆は日本人のヘルシーフードとして昔から食べられてきた歴史があります。
納豆にはビタミンやカルシウムなどの栄養素がバランスよく含まれており、ご飯によく合うということから重宝されてきました。
納豆にだけ含まれているナットウキナーゼには、血栓を予防したり血液をきれいにするといった効果があり、血液をきれいにすることで心筋梗塞や脳梗塞などの病気を防ぐ効果があり、免疫力をアップさせる働きもあります。

ゆで卵はカロリーが低く、近年は肉や魚などとの置き換えダイエットとしても利用されています。
やり方は簡単で、普段食べているお肉や魚などの代わりにゆで卵を食べます。
脂質が高いお肉や魚などを控えることができたり、良質なたんぱく質を摂ることが可能です。
比較的腹持ちが良いので、ダイエット中の食欲を管理することができたり、卵焼きなどと違って油を使わないので余分なカロリーを摂取することはありません。

豆腐は世界中で注目されているヘルシーフードで、「畑の肉」と言われている大豆で作られており、非常にたんぱく質を多く含んで入る食材です。
大豆に含まれているたんぱく質は、お肉などに含まれている動物性たんぱく質と違ってコレステロールが増加するという心配が不要で、血中コレステロールも低下させる働きがあり、血圧の上昇を抑えることも可能です。
豆腐は機能性食品としても注目されており、脂質の中に不飽和脂肪酸を含んでおり、高血圧や動脈硬化などの予防にも効果があります。
カルシウムも豊富に含まれていて、カルシウムは骨や歯を作る成分で不足すると背中や腰まどが曲がってきたり、骨粗鬆症になるかもしれません。
特に女性は年齢と共に女性ホルモンが低下し、骨の量が減少してしまいます。
豆腐を食べることでカルシウム不足を簡単に解消することができ、カロリーも低いのでダイエット中にも安心して食べることができる食材です。